ストレスケアユニット

ストレスケアユニット(リフォート)はうつ症状等の治療を中心に、
ストレス要因の無いゆったりと開放的な空間で早期社会復帰へ向けた活動を行うプログラムです。
無理なく患者様毎の症状に合わせた快適な環境でゆったりと過ごしていただけます。

施設概要

施設名 ストレスケア・ユニット リフォート
病床数 6床
設備 [個室]
テレビ・冷蔵庫・キャビネット・机・ベッド
[共有スペース]
バス・トイレ・洗面台・洗濯機・テレビ
主な対象の方 うつ病などの気分障害、適応障害
基本的な日常生活行動は自立されている方
スタッフ 医師・看護師・ソーシャルワーカー・臨床心理士・作業療法士

ストレスケアユニット
(リフォート)とは

うつ病などの気分障害や適応障害の方に、
リラックスできる快適な空間で療養し、
社会復帰や復職に向けた活動を行う場です。

リラックス(くつろぐ)コンフォート(快適な)をあわせて「リフォート」と名付けました。

リフォートの特徴

早期復職に向けチーム医療で対応
ストレスケアユニット(リフォート)では家庭や職場などの日常から離れ、心身ともに休める環境を提供し、
安心して療養できるようにサポートさせていただきます。
うつ病などのこころの病気で休職中の方は、 早期の復職を考えて医師を中心としたチーム医療で対応していきます。 そのため、必要に応じて個別のプレリワークプログラムや心理士によるカウンセリング等を行います。
6床という少人数のためだけの特別な療養環境
気分の落ち込みや不安感、不眠などの精神症状だけでなく、 心理検査も用い各々個人の特性や思考過程に配慮した治療を考えていきます。
休職者の方には、デイケア等で行われているリワーク(復職)プログラムの導入にあたるプレリワークプログラムを各々個人に必要なものを作成し、復職への準備を行っていきます。
また、退院した場合にはデイケア等のリワークプログラムへのスムーズな移行も連携していきます。
入院対象患者様について
うつ病などの気分障害、適応障害、神経症圏のかた。(ただし自傷行為や希死念慮が強い方等は、入院できません。)

プログラム[治療内容]について

心理カウンセリング
医師の指示に基づき必要な方は公認心理師や臨床心理士によるカウンセリングを行います。
プレリワーク
休職者を対象とした復職支援プログラムを行います。
集団認知行動療法
考えのクセや自分の問題に気づき問題解決能力の向上を図ります。
作業療法
簡単な創作作業等を通して気分転換や意欲の向上などサポートします。
※上記プログラムは必ず行うものではありません

施設内ギャラリー

  • ナースセンター
  • 個室
  • 多目的スペース
  • 診察室
  • バス・洗面所
  • トイレ

入院をご検討の方へ

まずはお気軽にご相談ください

その他のご案内

出版書籍のご案内

再発ゼロへ 完全社会復帰を実現する
「こころの病」の治し方
当院院長 加藤鈴幸医師と副院長 加藤豊文医師の著書が出版されました。
全国の書店またはAmazon等のオンライン書店でご購入いただけます。